~脱衣所に収納を作る~準備編

DIY

こんにちは。

埼玉在住、3児の父のPolcです。

インドアだった私と妻のコロちゃんですが、今ではDIY×キャンプに夢中です。

DIY歴4年、キャンプ歴1年とまだまだ未熟ですが

その間に得た知識や経験を書いていくつもりです。

今回は脱衣所に作った壁面収納の作り方を解説していこうと思います。

初心者の方でもわかりやすくしたいので、準備編と工程編にわけました。

こちらは準備編です。なるべくかみ砕いて説明していきたいと思います。

これ何?

Polc
Polc

脱衣所の収納です!

コロちゃん
コロちゃん

…なんだかわかりづらいね

Polc
Polc

今後頑張ります。。

ここでは主にタオルや子どもたちの着替えを置いています。

わが家の脱衣所は3畳無いくらいのスペースで、そこに洗面台と洗濯機があります。

余ったスペースにはタオルなどの収納棚とランドリーバッグも置いてあり

脱衣所を圧迫していました。

そこでデッドスペースとなっていた洗濯機よりも上のスペースに収納を作ることにしました。

メインの収納は洗面台の下にあるだけなので、今後子どもも増えると想定して、充分な収納を確保することにしました。

オススメポイント
  • 100均DIYなどの簡単なものに慣れてきた人には次のステップとしてぴったりです。
  • デッドスペースを有効活用しているので空間を圧迫することなく、より広く感じます。
  • 「脱衣所が狭い」「収納が足りない」と悩んでいる方にとてもオススメです。
  • コロちゃんがとても喜んでくれました。ママ友にもとても好評でした。

寸法をはかる

まずは寸法をはかります。

メジャーを持っているならそれで大丈夫です。

持っていない方は100均でも買えますので1つ持っておくと便利です。

私はワークマンで600円くらいで買いました。

はかるのは以下の3つです。

  1. 床から天井までの高さ
  2. 作りたい場所の幅
  3. 奥行
ポイント

「実際に使用できる奥行」「ほしい奥行」-38mmになると覚えておいて下さい。

突っ張っている柱の厚みがあるからです。

この隙間が38㎜です。

私の場合奥行24cmの棚が欲しかったので、実際には27.8cmの奥行が必要になりました。

かなりややこしいのでページの最後にまとめた式を載せています。

あまり深く考えないで大丈夫です。

コロちゃん
コロちゃん

あまりに大きいと頭ぶつけたりするから欲しい奥行きは30㎝以下がいいかも!

準備

今回のDIYで最低限必要なものをリストアップしていきます。

用意してほしいもの

  • ウォリスト 2個
  • 棚受け200mm×250mm 4個
  • アイアンバー 9本
  • カーテンクリップ(6つ入り) 2個
  • 布(2枚セット) 2個

ウォリスト以外は100均のセリアで買いました。

棚受けの大きさは、棚板の-5㎝くらいまでが目安です。

今回は24㎝の奥行なのでこのサイズです。

ウォリストとは

柱を強力に突っ張るための道具です。

今回のDIYはもとより、賃貸物件でのDIYでは大活躍してくれます。

似た商品では「ディアウォール」が有名です。

ウォリストの方が300円ほど高いですが、鉄とステンレス製で見た目がよく、木と黒の組み合わせ好きなのでいつもウォリストを使っています。

必要な工具

  • 手持ちのドライバー(100均で売っているもので大丈夫です)
  • サンダー
  • サンドペーパー(紙やすり)80番、120番、240番数枚3枚ずつあれば足ります。
  • ビス 30mm~35mmくらいのもの
  • ビス 10㎜~14㎜くらいのもの

以上で大丈夫です。

今回は荒い木材を使用しましたのでサンダーが必須ですが、持っていない場合は手でやすっても一応できます。

ただし手動でやるのは非常に大変なので、その場合は手触りの良いきれいな木材を使用すると、作業がグッと楽になります。

費用は少し上がりますが、集成材や1×10と呼ばれるサイズの木材が適しています。

わからない人はここをチェック

サンダーとは木の表面をやする(磨く)ための電動工具です。

やすりの面を木材の表面に押し当てるだけで自動でやすってくれるので、DIYではよく使います。

サンダーのデメリットは、音が大きいことです。

バッテリー式とコード式があり様々な場面で活躍してくれます。

あると便利な工具
  • インパクトドライバー(電動ドライバー)

作業時間の短縮が出来るのと、力を使わなくていいので作業が楽になります。

これから先DIYをしていくのならば真っ先に買うことをオススメします。

ちなみに私は実家にあったインパクトドライバーを借りて作りました。

コロちゃん
コロちゃん

ホームセンターで工具のレンタルもあるよ!

いきなり買うのが心配だったり、借りられる人がいない人にはレンタルという選択肢もありかも!

必要な木材

  • SPF 2×4 2440㎜ 2本
  • 厚み15mmの針葉樹合板 910mm×1820mm 1枚

針葉樹合板とは主に壁や床の下地として使われているベニヤ板です。

安いのですが、表面が荒く、手触りが悪いので磨く必要があります。

集成材や1×10と呼ばれるサイズのSPFを代用することで表面をみがく手間が大きく減ります。

私は貧乏性なので値段に目が行って合板を使いましたが

2000円くらいの価格差(規模によります)で代用できるので、予算があるなら変えてもいいと思います。

木材をホームセンターでカットしてもらう

ホームセンターで木材を買うと、お店でカットしてもらうことができます。

柱は自分でカットするので合板だけお願いしました。

カットサイズは 1445㎜×240㎜×2枚 です。

1カット50円なので2カットしてもらって100円です。

合板のような長い板を自分で真っすぐ切るのは難しいので、使うときはカットしてもらうのが1番いいです。

柱になる2×4は、測った寸法の-60㎜でお願いしてください。

ウォリストの規格にあわせるためです。

ポイント

合板の幅は冒頭で測った寸法の-5㎜でカットしました。

寸法通りにカットしてしまうと部屋の歪みによって入らない場所が出てきたり、小回りが利かないなどの余計な手間が増えます。

数字がたくさん出てきて、ややこしいと思ったので式を下にまとめました。

理解できなくても下の式にあてはめれば大丈夫です。

カットするときの式

幅(作りたい棚の幅-5㎜)

高さ(床から天井までの高さ-60㎜)

奥行(作りたい棚の奥行き-38㎜)

あわせて買い物リストもまとめました。

買い物リスト
100均で揃えたもの
  • アイアンバー 9本
  • 200㎜×250㎜の棚受け 4つ
  • カーテンクリップ6個入り 2つ
  • 400㎜×300㎜の布(2枚セット) 2つ
ホームセンターで揃えたもの
  • SPF2×4 2440㎜ 2本
  • 針葉樹合板 910㎜×1820㎜ 1枚
  • ウォリスト 2つ

木材はホームセンターやインターネットで買うことができます。

出来ればホームセンターで買うのがオススメです。

理由はホームセンターの方が安いからです。

その場でカットも出来ますし、ほかの木材を見て新しいアイデアが浮かぶこともあります。

コロちゃん
コロちゃん

車がない人でも、ホームセンターで買い物をしたら無料でレンタカーを借りられるよ!

Polc
Polc

お店によって距離や時間の条件が変わるので、利用する前に確認することが大切です。

ここまでが準備編でした。

続きは工程編で書いていきたいと思います。

Polc

アラサーで3児の父です
インドア好きだった私と妻のコロちゃんがDIYやキャンプが好きになった経緯や経験などを書いていきます

Polcをフォローする
DIY 賃貸DIY
Polcをフォローする
Polcの趣味かいてみる
タイトルとURLをコピーしました