【全部で15,000円】DIYで揃えるべき3つの電動工具をコスパ重視で探してみた。【考察】

電動工具

こんにちは。

埼玉在住、3児の父のPolcです。

インドアだった私と妻のコロちゃんですが、今ではDIY×キャンプに夢中です。

DIY歴4年、キャンプ歴1年とまだまだ未熟ですが

その間に得た知識や経験を書いていくつもりです。

今回は「もし自分がこれから電動工具を揃えるとしたら」という視点で書いてみたいと思います。

揃える工具はDIYでも使う機会の多い「インパクトドライバー」「サンダー」「丸ノコ」の3つです。

わざわざ外出する必要もなく、ポイントも貯まるので、楽天市場で絞りました。

なるべくお金をかけずにDIYを始めたい人にオススメです。

それぞれ良いところと気になるところを織り交ぜながら選んだ理由を書いていきます。

インパクトドライバーはコレ

アイリスオーヤマJID80という商品で送料込み6,600円です。

本体の他に「1.5Ahバッテリー1個」「充電器」「ビット10種類」などが付属してします。

良いところ

インパクトドライバーはコード式とコードレスの2種類がありますが、人気があるのは手軽でどこでも使えるコードレス。

1度コードレスを使うともうコード式には戻れない便利さがあります。

コード式よりもコードレスの方が値段が高い傾向にありますが、このインパクトドライバーはコードレスでこの価格なので、とにかく安いです。

他の同価格帯のインパクトドライバーは聞いたことのない中国メーカーのものばかり。

決して中国製のものが悪いとは思いませんが、国内メーカーだと万が一故障や不具合があった場合、アフターフォローの面で安心です。

気になるところ

パワーが少し物足りないかな?と思います。

パワーは「トルク」で表していてDIYでは110Nあれば十分と言われていますが、こちらは80N。

全長が180㎜と大きいのもあわせて、性能面で物足りなさを感じます。

また、バッテリーが1つしかないのも気がかりです。

コードレスの弱点はバッテリーの充電が無くなると作業が止まってしまうことです。

それを補うためにバッテリーが2個付属しているメーカーも多いのですが、残念ながらこちらは1個だけになっています。

性能面やバッテリーを考慮すると、セルフリノベやウッドデッキDIYといったハードで長時間の作業には向いていないです。

家具の組み立てやSPFを使った簡単なDIYには十分な性能ですし、何よりすごく安いので値段的には納得のいく商品かなと思います。

サンダーはコレ

ホームセンターでお馴染みのコーナンKM-150という商品で、送料込み2,980円です。

本体以外にやすりも入っていて、さらに集塵袋は別売りですが、集塵機能も一応備わっているようなのでこの価格からは想像できない内容です。

良いところ

この値段でありながら「ミニサンダー」と呼ばれる小さめのサンダーではなく、標準サイズのサンダーです。


機能面ではボタンロック機能がついていて、ボタンを1回押すだけでずっと動いてくれます。
これによってずっとトリガーを引いている必要がなく、指への余計な負担を減らしてくれるので、長時間作業も可能です。


何よりも、ここまで安いのが1番の良いところだと思います。

気になるところ

サンドペーパーを挟むためのクリップが細く、弱そうだなという印象です。

安いサンダーだと、クリップが曲がったり折れたという話は何度か聞いたことがあるので、扱いには注意する必要がありそうです。

ちなみに取り付けはワンタッチと書いてありますが、前と後ろにクリップがあるのでワンタッチというのは少し大げさな表現かも知れません。

丸ノコはコレ

高儀のEARTHMAN DM-100という丸ノコで、送料込み6,124円。

本体以外に真っすぐ切るための平行定規やノコ刃、六角レンチなどが付属していて、届いたらすぐに使えるようになっています。

良いところ

48㎜の厚さまで切ることが出来るので、DIYでよく使う2×4を切ることができます。

45㎜の角材も切ることが出来るのでワンランク上のDIYにも挑戦できそうです。

刃の回転数は1分間に5000回なので他の大手メーカーにも見劣りしない性能になっています。

これが6,000円ちょっとなのも驚きですが、さらに驚きなのがベースが「アルミ」だという事です。

画像の矢印の部分がベースと呼ばれるもので、主に「鉄製」「アルミ製」があります。




木工用で使う分にはアルミ製の方が良いとされていて、プロ向けの丸ノコに多く採用されるものです。
耐久性が高く、切ってる時の滑りが良いのが特徴です。

鉄ベースで錆びた・歪んだという話はいくらでも聞きますので、この価格でアルミベースまで装備されているのは本当にすごいと思います。

気になるところ

あまり欠点や気になるところは見つかりません。

高儀というメーカーはコスパが高いことで知られていますが、この丸ノコも性能や装備は値段以上で、噂通りのコスパの高さだと思います。

おわりに

3種類の電動工具を揃えて15,704円となりました。

プロモデルのインパクトドライバーだと1個で2~4万円かかるのでこの金額で3種類揃えられたら他の工具も充実できそうです。

この記事がこれからDIYを始める人の参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました