ユニフレーム以外の選択肢も。コスパの良いホールアースの焚き火テーブルがオススメ。

CAMP用品

こんにちは。

埼玉在住、3児の父のPolcです。

インドアだった私と妻のコロちゃんですが、今ではDIY×キャンプに夢中です。

DIY歴4年、キャンプ歴1年とまだまだ未熟ですが

その間に得た知識や経験を書いていくつもりです。

焚き火テーブルと言えばユニフレーム。

焚き火テーブルを調べると「焚き火テーブル買うならユニが1番!」「ユニの焚き火テーブルは一生モノ!」という記事が多く、本当に素晴らしい商品なんだと実感します。

その耐久性とシンプルな作りで初心者から上級者までたくさんの人に選ばれるロングセラー商品ですが、私はユニの焚き火テーブルにはしませんでした。

選んだのはこちら。

なぜユニフレームの焚き火テーブルにしなかったかと言うと

  • あまり人と被らない
  • もっとコスパの良いテーブル

この2点を重視したからです。

結果的に言えば、とても気に入りました。

個性的なデザインでコスパも良く、焚き火テーブルを検討している人にオススメできます。

なぜこれを選んだのか、性能も交えながら具体的に紹介していきます。

どんなテーブル?

ホールアースというメーカーが出しているテーブルで6,160円でした。

正式名称はヒート・レジスタント・サイドテーブルです。

残念なことに現在は6,820円に値上がりしています。

Polc
Polc

値上がりについては後ほど詳しく書きます。

焚き火テーブルというだけあって、天板は耐熱塗装されており、熱々のスキレットやダッチオーブンなどもそのまま置けます。

大きさは1~2人で使うには丁度いい大きさです。

個人的には1人1個がいいかな、と。

地面からの高さも高すぎず、流行りのロースタイルに向いています。

どんなところがいいの?

折り畳みでコンパクト

折りたたむとこんなにスッキリ。

厚さ2㎝になるので車載時のちょっとした隙間に入れやすいです。

専用の収納袋が付属しているのが嬉しいポイント。

組み立てが簡単

画像の丸で囲まれた金具を広げます。

これで脚を取り出せるようになるので、取り出した脚を広げます。

ここに天板を載せて

金具で固定。

難しいことはないので手間もかかりません。

時間に余裕のない初心者やファミリーキャンパーには助かります。

色合いが良い

黒の天板に竹材を組み合わせた落ち着いたデザインです。

これは好みに左右されますが、黒アイアンと木材って本当に相性が良いですよね。

他のメーカーではこの組み合わせの焚き火テーブルは無いので、個性的で目を引くデザインです。

値上がりしてしまった…

2020年モデルから600円値上がりしました。

変更点はコレ。

左:2020 右:2019

ロゴが変わりました。

コロちゃん
コロちゃん

えっ!

他に変更点は?

無いみたいです。

本体の性能は何一つ変わっていません。

もちろんサイズも一緒です。

販売元に2019verと2020verの違いを確認したところ、変更点はロゴだけで値上げの主な原因は材料代の高騰とのことでした。

次買う時も同じサイズのものが手に入るのでひとまず安心しました。

キャンプ用品って人気が出るとすぐ値上がりする傾向があるので、良いと思ったものは人気になる前に買いたいです。

ユニフレームとの比較

ホールアースユニフレーム
使用時サイズW56.5 x D35 x H37cmW55×D35×H37㎝
収納サイズW56.5 x D35 x H2cmW55×D35×H2.5㎝
重量2.8kg(収納ケース含む)2.3㎏(収納ケース含まず)
2.7㎏(収納ケース含む)
対荷重30kg50㎏
材質天板:スチール(耐熱塗装)
脚部:スチール(耐熱塗装)
天板:ステンレス鋼
脚部:ステンレス
付属品収納ケース付別売り2,900円
値段6,820円7,900円

サイズ感や重量はほとんど変わりません。

ユニフレームの焚き火テーブルのデザインがベースになっている事は間違いなさそうです。

ステンレス製で錆びに強いことや、耐荷重が高いことを見ても、本体の性能はユニフレームの方が良さそう。

天板はエンボス加工と言ってキズが目立ちにくい加工がされています。

これだけ本格的な性能なので大体の人がユニフレームを選ぶ理由がわかります。

ホールアースのテーブルはコスパが高いです。

ホールアースは収納ケース付きで6,820円に対して、ユニフレームは収納ケース付きにすると10,800円と4,000円ほど高いです。

値上げする前は6,160円と10,800円なのでもっとお得感がありました。

専用の収納ケースは見た目も良いしサイズもピッタリなので、私は収納ケースが欲しいタイプです。

専用ケースが不要な人はユニフレームを買った方が満足感が高いと思います。

おわりに

性能を比較した場合、ユニフレームの焚き火テーブルに劣るものの、決して貧弱なテーブルではありません。

耐荷重も30㎏あってグラつきも無く、しっかりとした作りで安定感もあります。

キャンプ場に行くと、ユニフレームの焚き火テーブルを使っているサイトはよく見かけますが、ホールアースのものはまだ見たことが無いです。

「人と被らない」「個性的なデザイン」「コスパが良い」これらに魅力を感じる人には是非オススメです。

タイトルとURLをコピーしました