【HiKOKI】プロ用国産丸ノコ使ってみたらすごかった話。【レビュー】

電動工具

こんにちは。

埼玉在住、3児の父のPolcです。

インドアだった私と妻のコロちゃんですが、今ではDIY×キャンプに夢中です。

DIY歴4年、キャンプ歴1年とまだまだ未熟ですが

その間に得た知識や経験を書いていくつもりです。

今回は丸ノコの評価が高いメーカーである、ハイコーキC5YB2という集じん丸ノコについてです。

先日大工さんに譲ってもらったので、しばらく使ってみた感想を書いていきます。

どんな丸ノコか先に言ってしまうと、切りやすくて持ちやすくて機能も豊富。

これで満足できないDIYerはいないんじゃないか、と思うくらい素晴らしい丸ノコでした。

Polc
Polc

むしろDIYにはオーバースペックかも。

どんな丸ノコ?

のこ刃125㎜サイズコード式丸ノコです。

スペックは以下の通りです。

最大切り込み深さ90º0~39.5mm
最大切り込み深さ45º0~26mm
電源単相100V
消費電力1,050W
回転数9,000min-1(回/分)
質量2.7kg
コード5m

39.5㎜まで切れるので、2×4がちゃんと切れます。

DIYではよく使う木材なので安心です。

Polc
Polc

2×4は38㎜です

私の場合2×4より厚い木材を使う機会はあまりないので、十分なサイズだと思いました。

コンパクトサイズコード式なので、そんなに重たくないのも嬉しいポイントです。

コロちゃん
コロちゃん

他にはどんな機能があるの?

  • 集塵機能
  • 回転式ダクトノズル
  • LEDライト
  • センターバランス設計

いろんな機能がありますが、DIYで特に助かるのは集塵機能でしょうか。

この機能については後で詳しく書いていきます。

使ってみた感想

持ちやすい

一番の魅力と言っても良いと思います。

グリップが独特のゴム質になっていて、すごく握りやすいです。

まるで手に吸い付くようです。

ゴム製のグリップは他社でもたくさんあるのですが、これはすぐに手になじむような感覚で、驚きを超えて感動を覚えました。

Polc
Polc

これ…すごすぎる…

気になったのでグリップについてハイコーキに問い合わせましたが、企業秘密とのことで詳しくは教えてもらえませんでした。

グリップ1つにも相当こだわっているようです。

コロちゃん
コロちゃん

グリップにもこだわるなんてさすが国内メーカーだね!

切りやすい

コード式のメリットである、パワーの強さを実感します。

前への推進力が強く、勝手に前に進んでくれるような感覚です。

力を抜いて、ガイドに添えるだけで簡単に切れます。

断面もキレイで真っすぐの精度も高いです。

集じん能力が高い

集じん袋を別で買いました。

この状態で木材を何枚かカットしてみます。

普通は丸ノコのベース周りが木くずだらけになるのですが、全く木くずが出ません。

木くずは袋の中に集められています。

中に集められた木くずを出してみます。

数枚切っただけで、これだけの木くずを集めています。

家の中で切っても全然大丈夫なレベルです

集じん袋は取り寄せでしたが、翌日届いて1,500円でした。

この丸ノコを使うなら必ず持っておきたいです。

Polc
Polc

ホームセンターで取り寄せ出来ます

気になったこと

強いて言うならですが、刃先が見えにくいように感じます。

コロちゃん
コロちゃん

どういうこと?

Polc
Polc

丸ノコにはのぞき窓って言って、刃先がどこにあるのか見えやすい設計にしてるんだよ。

BOSCHの丸ノコの場合
Polc
Polc

構えた状態でも上から簡単に線の位置がわかるようになってるの。

C5YB2の場合はこうです。

BOSCHの丸ノコの方が大きいので単純比較は出来ないのですが、ほぼ真横からしか見えません。

なのでベースに付いている目安に合わせて切る必要があります。

初めて使う人は慣れるまでに少し時間がかかりそうです。

ただしガイドを使えば真っすぐ切れるのでそこまで大きな問題ではないと思います。

気になったことはこれくらいで、他に気になる所はありませんでした。

おわりに

丸ノコはいろんな種類があってどれも一長一短ですが、この丸ノコは本当に万能だと思います。

特に集じん能力の高さと握りやすさは国産メーカーだけあってスゴイです。

値段は25,000程なので高めの丸ノコですが、値段に見合った性能だと思います。

C5YB2の購入を検討している人の参考になれば嬉しいです。

この丸ノコを使ったDIYはこちらです。

丸ノコの選び方についてはこちらで書いています。

タイトルとURLをコピーしました