DIYで実家の和室をセルフリノベーション

セルフリノベーション

こんにちは。

埼玉在住、3児の父のPolcです。

インドアだった私と妻のコロちゃんですが、今ではDIY×キャンプに夢中です。

DIY歴4年、キャンプ歴1年とまだまだ未熟ですが

その間に得た知識や経験を書いていくつもりです。

先日実家の和室のセルフリノベが完成したので記事に書いていこうと思います。

1年ほど前から部屋を明るくてオシャレにしてほしいと母に頼まれていたので、ついに実行することになりました。

リノベの経験は0ですが、あるブログを読んでからずっとやりたいと思っていたリノベのアイデアがありました。

それがこのブログです。

DIY MAGAZINE
築40年を超える2件の物件をセルフリノベーションしながら生活しているセーチです。 実家が所有してるマンションの1室をセルフリノベーションして、家族で使えるようにするまでの作業内容をお伝えする【中古マンションDIY】シリーズ。前回、お風呂を解体する所まで作業を終えました。 #9は解体した部材の廃棄と洗面台の解体です。

読みやすい文章で、内容もかなり丁寧でわかりやすく書いてあります。

その上DIYで作っているものはどれもハイセンス。

Polc
Polc

憧れてます

こちらのブログで紹介されているリノベがすごく良くて、これを参考にリノベを進めようと決めました。

初めてのリノベで勝手がわからないので、解体など難しいことは考えず、現状のままで部屋を作り替えることにします。

リノベ前はこんな感じ

壁はすべて砂壁。

触るとポロポロと砂が落ちてきます。

この砂壁が部屋全体を暗い印象にしてしまっていると思うので、明るくスッキリとした印象に変えていきます。

押し入れは良く見る1枚扉ではなく上下2段に分かれていました。

上段は立て付けが悪くなり外していて、下段は破れた襖に100均のリメイクシートを貼り付けていますが、ボロボロ。

押し入れ左の床の間はゴチャゴチャしているので、全体的に散らかった印象です。

出入口は4枚の襖戸。

どんなにオシャレな部屋でも、この襖がある限り冴えない和室の印象が抜け無さそうです。

入って左側の窓際には、こんな収納があります。

位置も低くて使いずらそうなので、引き出しにしていこうと思います。

リノベ後はこんな感じ

砂壁や鴨居、天井は全て白に塗りました。

砂壁はシーラーで固めたのでポロポロ落ちてくることもありません。

1番の問題点だった暗い雰囲気を明るく変えることができました。

押し入れと床の間も白く塗りました。

床の間にはハンガーラックや収納を追加。

押し入れはカーテンを付けて目隠しをしました。

入って左の窓際の収納は、襖戸を外して引き出し式の収納に。

収納力が高く、サイズもピッタリに作ることが出来ました。

色合いも良くて気に入っています。

詳しく書いていきます

今後このリノベーションの内容を細かくかみ砕いて記事にしていきます。

1部屋だけでも作業量が多くて1回にまとめきれないので、何回かに分けて書いていくつもりです。

原状回復という制限のある賃貸DIYをしている時は「好き勝手に出来る持ち家は良いなあ」と思っていましたが、いざやるとなると勝手がわからず迷うことが多かったです。

これからセルフリノベを始める方の参考になれたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました